多汗症を改善したいなら漢方薬も試してみよう

漢方薬はホルモンバランスを整えて体が持っている自然治癒力を高める効能があります。

多汗症は主に自律神経やホルモンバランスの乱れが原因となって発症しますから、その治療には漢方薬がより適している、と考えられています。

多汗症治療として処方される漢方薬は、症状が見られる「部位」ではなく、症状を引き起こしている「原因」に合わせたものとなっています。

ストレスが原因の人には安定作用のある漢方薬

上がり症の人や強い緊張を感じてしまう人に処方されることが多い漢方薬は「柴胡加竜骨牡蛎湯」と「柴胡桂枝乾姜湯」の2つです。

この2つには神経の緊張と動悸を緩和する働きがあり、ホルモンバランスの調整や貧血症状の改善を目的として処方されることもあります。

ただし、「柴胡加竜骨牡蛎湯」は体力があまりない人に処方されることが多く、「柴胡桂枝乾姜湯」は体力があり消化器官も強い人に処方されています。

更年期によるホルモンの乱れが原因で多汗症になっている人には、ホルモン安定効果の高い「女神散」もしくは「加味逍遥散」が多く処方されています。

肥満や栄養バランスの悪い人には代謝改善を促す漢方薬

肥満症が主な要因となって多汗症を発症している人には、高血圧や高脂血症などの症状改善に効果の高い「防已黄耆湯」や「防風通聖散」が処方されています。

これらの漢方には体内の代謝リズムを改善する効能があるため、多汗症だけではなく、体のむくみやコリなどの症状改善も期待することができます。

ただし「防風通聖散」は胃腸に多少の負担がかかる可能性があるため、体力にあまり自信がない人は「防已黄耆湯」を処方してもらうようにしましょう。

栄養バランスの偏った食事で熱代謝に異常をきたしている場合には「黄連解毒湯」もしくは「茵陳蒿湯」が処方されます。

これらの漢方薬には消炎作用があるため、香辛料などの取りすぎで内臓に炎症を起こしていたり、神経の興奮状態が続いてしまっているような場合には大変効果的です。

また、高血圧による不眠症状や片頭痛などの症状改善も期待できます。

手汗用制汗剤の選び方とおすすめ商品とは?

汗を多くかく季節は臭いが気になりますので、制汗剤を使ってケアをしている方も多いでしょう。
手汗を大量にかく、汗の量が多い方も手汗対策のために何かしたいと考えますよね。

手汗用の制汗剤も販売されていますので、それを使ってみるのも手段のひとつです。

手汗用制汗剤はいくつも種類が販売されていますので、選び方や注意点について知っておきましょう。

手汗用制汗剤の選び方

手汗用制汗剤について調べてみると、思っている以上に多くに商品が販売されていることがわかるでしょう。

その中から自分に合った制汗剤を選びたいところですが、どのような基準で選ぶのでしょうか。

体に使用する制汗剤を手に使っている方もいますが、残念ながらそれでは期待するような効果が得られにくいのです。

なぜなら、市販の制汗剤には毛穴を引き締める効果の高い塩化アルミニウムが、配合されていない制汗剤が多いからです。

塩化アルミニウムは収斂作用が非常に強く、汗を止める高い効果が期待できます。

しかしながら、皮膚には強い刺激となる危険性もあり、肌トラブルを起こすリスクを高めてしまいます。
そのため市販の制汗剤には使われていないことが多いのです。

市販の制汗剤でも収斂作用が期待できる製品もあるのですが、やはり塩化アルミニウムと比べるとその効果が劣ってしまうのです。

また手の平は手を洗う機会も多く、強力な殺菌作用を持つ制汗剤は必要ないと考えられます。

強い刺激がかえって手に刺激を与えて悪影響となる可能性も考えられますので、その点十分注意しましょう。

手汗用制汗剤使用時の注意点

手汗用の制汗剤を使用することで、気になる手汗を押さえる高い効果が期待できます。

使用時の注意点としては長時間の使用を控えることです。

手汗用は高い収斂作用がありますので、毛穴をしっかりと塞いで汗の流出を抑えてくれるのですが、本来出るはずの汗を無理に止めてしまうわけですから肌にかかる負担も大きくなってしまうのです。

それが原因で肌荒れを起こすこともありますので注意が必要です。

では、どのような手汗用制汗剤がおすすめなのでしょうか?

それは今、話題になっているテサランという手汗用制汗クリームです。肌に優しい成分でできており、長時間効果が長持ちする使い勝手が魅力です。

もし、興味があるなら、テサランの体験談ブログなどで実際に使っている様子をチェックしてみるといいと思います。

http://teasetaisaku-cream.com/

刺激の強い食品は多汗症を悪化させる!

多汗症の主な原因としては「ホルモンバランスの乱れ」と「自律神経の不調」の2つが挙げられます。

もし食事療法で症状の改善を目指しているなら、交感神経を過度に刺激するような食事メニューを控え、ホルモンバランスを正常な状態に整えてくれる食材を献立に取り入れると良いでしょう。

刺激の強い食品は多汗症を悪化させる

辛い料理や酸味の強い料理は、交感神経を刺激して発汗をさらに促してしまいます。

ですから、トウガラシや辛味スパイスなどの香辛料が使われている料理は極力避けてください。

また、カフェインも交感神経を刺激することで知られています。コーヒー・紅茶・緑茶など、カフェインを含む飲料が好きな方は要注意です。

その他、脂肪分の多い食事を避けることも大切です。
体脂肪率が上がると体はエネルギー消費が増えるため、より発汗しやすくなってしまうからです。

バター・チーズなどの乳製品や揚げ物、市販されているドーナツ菓子などの高カロリー食品は極力摂取を控えることをおすすめします。

大豆を中心とした低刺激の食品を積極的に摂取しよう

大豆に含まれているイソフラボンには、ホルモンバランスを整えて自律神経を安定させる働きがあるとされています。

ですから、豆腐や納豆などの大豆加工食品を毎食の献立に取り入れるようにしましょう。
朝一杯の豆乳を飲むだけでもかなりの効果が期待できます。

また、アボカドやもやしなどにも、ホルモンバランスを整えて自律神経を安定させる栄養素が豊富に含まれています。

キュウリやトマト、ナスなどの野菜は「クール・ベジタブル」と呼ばれ、サラダとして摂取することで体を冷やす効果が期待できます。
少量でも良いので、毎食の献立に生野菜サラダを添えるよう心がけましょう。

なお、飲み物としておすすめなのは、リラックス効果のあるハーブティーです。

ジャスミンやローズマリーには交感神経の働きを鎮静化させる効果があるので、多汗症の人にぴったりの飲料と言えるでしょう。

多汗症の治療法とセルフケアするときのポイント

多汗症の治療技術は近年急速に進歩してきています。

以前は塗り薬による治療が一般的とされていたものの、最近では注射や手術による治療法も確立されてきています。

多汗症の治療法にはさまざまな種類がある!

多汗症の治療法として最も一般的なのは「塗り薬」です。

よく処方されている塗り薬は塩化アルミニウムが含まれた軟膏です。その軟膏を塗布して汗腺をふさぐことにより、過剰な発汗を抑制するのです。

塩化アルミニウムは市販されている制汗スプレーにも配合されている成分で、アレルギー反応を起こすリスクが非常に低いという利点があります。

ただし、1度の塗布で症状が劇的に改善することがないことも覚えておきましょう。

次に考えられるのは「ボトックス注射」です。

交感神経の働きを抑制する「ボツリヌス菌」を患部に注射することで、発汗を劇的に抑えることができます。ただし、制汗効果は4カ月から8カ月程度で、根治するわけではありません。

3つ目は「内視鏡手術」です。

多汗症になっている部位を切開して、交感神経を切除するという方法で、確実に発汗を抑えることが可能です。

また、切開のサイズは3mmないし4mm程度なので、回復は早く傷跡もほとんど残りません。とはいえ、手術の反動として別の部位から大量の発汗が起こるリスクもあります。

セルフケアで治したい人は「ストレス対策」をしっかりと行おう

「手術は不安だから、セルフケアで症状を改善したい…」という人は、ストレスをためない生活スタイルを心がけましょう。

多汗症はストレスによって自律神経が不安定になることが主な原因とされています。
ですから、運動を定期的にすることや、十分な睡眠を心がけることにより、ストレスを減らす努力を払いましょう。

入浴時はシャワーではなく、湯船につかってしっかりと汗をかくことも、自律神経を安定させる効果があります。

また、就寝前にはリラックス効果のあるお茶を飲むことで、自律神経をゆっくりと休ませることができます。

ミョウバン水を作って手汗をケアしよう!

手汗をかいてもすぐに汗が引けばそれほど気になりませんが、いつまでたっても汗が止まらないと困ります。

人と握手をしたり書類を受け取るときなどに、手汗をかいていると支障が出ることが多々ありますよね。

手汗を止める方法として、ミョウバンを使った方法があります。

なぜミョウバンが良いのか?

手汗を抑える薬品として塩化アルミニウムが知られていますが、ミョウバンでも同じような効果が期待できるのです。

ミョウバンには収斂作用があるのですが、それは皮膚のタンパク質に刺激を与えて皮膚の保護膜を引き締める効果が期待できるのです。

毛穴が大きく開くと汗が出てそれがなかなか止まりにくくなりますが、毛穴を引き締めることで汗の流出を抑えることにつなげられます。

夏は特に熱さで毛穴が開きやすくなり汗を大量にかきますので、手だけでなく顔や体にも収斂作用を持つ化粧水やミョウバンを使用すると効果的です。

さらに、ミョウバンは汗を止めるだけでなく殺菌作用も持ち合わせていますので、臭いを押させる効果も期待できるでしょう。

ミョウバンは漬物を作るときに使いますので自宅に常備している方もいますし、スーパーでも手軽に手に入る食品です。

ミョウバン水の作り方

ミョウバンで汗を抑えるには、ミョウバン水を作ってそれを気になる手の部分に付けるのが効果的です。

用意する物はミョウバン、空のペットボトル(500ml)、水道水(500ml)です。

ミョウバン水は水道水500mlに対してミョウバン20gをペットボトルに入れてよく混ぜ合わせて作ります。

よく振ってミョウバンを水に溶かしますが、最初のうちはミョウバンが浮いてきてなかなかうまく混ぜ合わらないのですが、数日経つと自然と水に溶けてきます。

ミョウバンが完全に溶けるまでは室温で直射日光の当たらない場所に保管しておきましょう。

ミョウバン水が出来上がったら小さなスプレー容器にとってそれを持ち歩くようにします。
手汗をかきそうだ、汗をかいたなと思ったら素早くミョウバン水を気になる部分に吹き付けて使います。

 

多汗症にはどんな種類がある?


多汗症は「全身性多汗症」と「局所性多汗症」という2つの種類に大別されます。

ただし、局所性多汗症は、症状が見られる部位に応じて細かな分類が行われています。

全身性多汗症とは何か

全身性多汗症とは、文字通り全身から大量の汗をかく症状のことです。

いわゆる「汗っかき」と異なるのは、「気温が非常に高い」「とても緊張している」「全身運動をした」というように、体内に熱が蓄積している状況でなくても大量の汗をかいてしまうことです。

全身性多汗症はリウマチや結核、更年期障害などさまざまな病気が原因となって発症します。

また、糖尿病や甲状腺障害、あるいは重篤な内臓疾患によるホルモンバランスの乱れによって発症することもあると考えられています。

「もしかして全身性多汗症かな…」と思ったなら、すぐに専門医の診察を受けると良いでしょう。

局所性多汗症は細かな分類がある

局所性多汗症とは、わきの下や足の裏など、体の一部から大量の汗をかく症状のことです。

主に自律神経のバランスが崩れることで発症すると考えられており、多汗症患者と診断される人のおよそ90%はこの局所性多汗症であると考えられています。

局所性多汗症はどの部位から発汗しているかによって細かな分類がなされています。

「頭部多汗症」の人は頭部から常に発汗していて、毛髪が常に濡れたような状態になっています

「腋窩多汗症」はわきの下から常に発汗する症状で、わきがの症状と類似しています。ただし、わきがのように強い匂いを発することはありません。

「手掌多汗症」は手のひらから汗が常に出ている状態のことです。

もう1つは「足蹠多汗症」で、足の裏から常に発汗しています。そのため、靴や靴下が蒸れやすく、水虫などの病気にかかりやすくなります。

手のひらと足の裏は神経のつながりが強いとされており、2カ所同時に多汗症が発症することは珍しくありません。その場合は「手掌足蹠多汗症」と呼ばれます。