手汗用制汗剤の選び方とおすすめ商品とは?

汗を多くかく季節は臭いが気になりますので、制汗剤を使ってケアをしている方も多いでしょう。
手汗を大量にかく、汗の量が多い方も手汗対策のために何かしたいと考えますよね。

手汗用の制汗剤も販売されていますので、それを使ってみるのも手段のひとつです。

手汗用制汗剤はいくつも種類が販売されていますので、選び方や注意点について知っておきましょう。

手汗用制汗剤の選び方

手汗用制汗剤について調べてみると、思っている以上に多くに商品が販売されていることがわかるでしょう。

その中から自分に合った制汗剤を選びたいところですが、どのような基準で選ぶのでしょうか。

体に使用する制汗剤を手に使っている方もいますが、残念ながらそれでは期待するような効果が得られにくいのです。

なぜなら、市販の制汗剤には毛穴を引き締める効果の高い塩化アルミニウムが、配合されていない制汗剤が多いからです。

塩化アルミニウムは収斂作用が非常に強く、汗を止める高い効果が期待できます。

しかしながら、皮膚には強い刺激となる危険性もあり、肌トラブルを起こすリスクを高めてしまいます。
そのため市販の制汗剤には使われていないことが多いのです。

市販の制汗剤でも収斂作用が期待できる製品もあるのですが、やはり塩化アルミニウムと比べるとその効果が劣ってしまうのです。

また手の平は手を洗う機会も多く、強力な殺菌作用を持つ制汗剤は必要ないと考えられます。

強い刺激がかえって手に刺激を与えて悪影響となる可能性も考えられますので、その点十分注意しましょう。

手汗用制汗剤使用時の注意点

手汗用の制汗剤を使用することで、気になる手汗を押さえる高い効果が期待できます。

使用時の注意点としては長時間の使用を控えることです。

手汗用は高い収斂作用がありますので、毛穴をしっかりと塞いで汗の流出を抑えてくれるのですが、本来出るはずの汗を無理に止めてしまうわけですから肌にかかる負担も大きくなってしまうのです。

それが原因で肌荒れを起こすこともありますので注意が必要です。

では、どのような手汗用制汗剤がおすすめなのでしょうか?

それは今、話題になっているテサランという手汗用制汗クリームです。肌に優しい成分でできており、長時間効果が長持ちする使い勝手が魅力です。

もし、興味があるなら、テサランの体験談ブログなどで実際に使っている様子をチェックしてみるといいと思います。

http://teasetaisaku-cream.com/

ミョウバン水を作って手汗をケアしよう!

手汗をかいてもすぐに汗が引けばそれほど気になりませんが、いつまでたっても汗が止まらないと困ります。

人と握手をしたり書類を受け取るときなどに、手汗をかいていると支障が出ることが多々ありますよね。

手汗を止める方法として、ミョウバンを使った方法があります。

なぜミョウバンが良いのか?

手汗を抑える薬品として塩化アルミニウムが知られていますが、ミョウバンでも同じような効果が期待できるのです。

ミョウバンには収斂作用があるのですが、それは皮膚のタンパク質に刺激を与えて皮膚の保護膜を引き締める効果が期待できるのです。

毛穴が大きく開くと汗が出てそれがなかなか止まりにくくなりますが、毛穴を引き締めることで汗の流出を抑えることにつなげられます。

夏は特に熱さで毛穴が開きやすくなり汗を大量にかきますので、手だけでなく顔や体にも収斂作用を持つ化粧水やミョウバンを使用すると効果的です。

さらに、ミョウバンは汗を止めるだけでなく殺菌作用も持ち合わせていますので、臭いを押させる効果も期待できるでしょう。

ミョウバンは漬物を作るときに使いますので自宅に常備している方もいますし、スーパーでも手軽に手に入る食品です。

ミョウバン水の作り方

ミョウバンで汗を抑えるには、ミョウバン水を作ってそれを気になる手の部分に付けるのが効果的です。

用意する物はミョウバン、空のペットボトル(500ml)、水道水(500ml)です。

ミョウバン水は水道水500mlに対してミョウバン20gをペットボトルに入れてよく混ぜ合わせて作ります。

よく振ってミョウバンを水に溶かしますが、最初のうちはミョウバンが浮いてきてなかなかうまく混ぜ合わらないのですが、数日経つと自然と水に溶けてきます。

ミョウバンが完全に溶けるまでは室温で直射日光の当たらない場所に保管しておきましょう。

ミョウバン水が出来上がったら小さなスプレー容器にとってそれを持ち歩くようにします。
手汗をかきそうだ、汗をかいたなと思ったら素早くミョウバン水を気になる部分に吹き付けて使います。