多汗症にはどんな種類がある?


多汗症は「全身性多汗症」と「局所性多汗症」という2つの種類に大別されます。

ただし、局所性多汗症は、症状が見られる部位に応じて細かな分類が行われています。

全身性多汗症とは何か

全身性多汗症とは、文字通り全身から大量の汗をかく症状のことです。

いわゆる「汗っかき」と異なるのは、「気温が非常に高い」「とても緊張している」「全身運動をした」というように、体内に熱が蓄積している状況でなくても大量の汗をかいてしまうことです。

全身性多汗症はリウマチや結核、更年期障害などさまざまな病気が原因となって発症します。

また、糖尿病や甲状腺障害、あるいは重篤な内臓疾患によるホルモンバランスの乱れによって発症することもあると考えられています。

「もしかして全身性多汗症かな…」と思ったなら、すぐに専門医の診察を受けると良いでしょう。

局所性多汗症は細かな分類がある

局所性多汗症とは、わきの下や足の裏など、体の一部から大量の汗をかく症状のことです。

主に自律神経のバランスが崩れることで発症すると考えられており、多汗症患者と診断される人のおよそ90%はこの局所性多汗症であると考えられています。

局所性多汗症はどの部位から発汗しているかによって細かな分類がなされています。

「頭部多汗症」の人は頭部から常に発汗していて、毛髪が常に濡れたような状態になっています

「腋窩多汗症」はわきの下から常に発汗する症状で、わきがの症状と類似しています。ただし、わきがのように強い匂いを発することはありません。

「手掌多汗症」は手のひらから汗が常に出ている状態のことです。

もう1つは「足蹠多汗症」で、足の裏から常に発汗しています。そのため、靴や靴下が蒸れやすく、水虫などの病気にかかりやすくなります。

手のひらと足の裏は神経のつながりが強いとされており、2カ所同時に多汗症が発症することは珍しくありません。その場合は「手掌足蹠多汗症」と呼ばれます。