刺激の強い食品は多汗症を悪化させる!

多汗症の主な原因としては「ホルモンバランスの乱れ」と「自律神経の不調」の2つが挙げられます。

もし食事療法で症状の改善を目指しているなら、交感神経を過度に刺激するような食事メニューを控え、ホルモンバランスを正常な状態に整えてくれる食材を献立に取り入れると良いでしょう。

刺激の強い食品は多汗症を悪化させる

辛い料理や酸味の強い料理は、交感神経を刺激して発汗をさらに促してしまいます。

ですから、トウガラシや辛味スパイスなどの香辛料が使われている料理は極力避けてください。

また、カフェインも交感神経を刺激することで知られています。コーヒー・紅茶・緑茶など、カフェインを含む飲料が好きな方は要注意です。

その他、脂肪分の多い食事を避けることも大切です。
体脂肪率が上がると体はエネルギー消費が増えるため、より発汗しやすくなってしまうからです。

バター・チーズなどの乳製品や揚げ物、市販されているドーナツ菓子などの高カロリー食品は極力摂取を控えることをおすすめします。

大豆を中心とした低刺激の食品を積極的に摂取しよう

大豆に含まれているイソフラボンには、ホルモンバランスを整えて自律神経を安定させる働きがあるとされています。

ですから、豆腐や納豆などの大豆加工食品を毎食の献立に取り入れるようにしましょう。
朝一杯の豆乳を飲むだけでもかなりの効果が期待できます。

また、アボカドやもやしなどにも、ホルモンバランスを整えて自律神経を安定させる栄養素が豊富に含まれています。

キュウリやトマト、ナスなどの野菜は「クール・ベジタブル」と呼ばれ、サラダとして摂取することで体を冷やす効果が期待できます。
少量でも良いので、毎食の献立に生野菜サラダを添えるよう心がけましょう。

なお、飲み物としておすすめなのは、リラックス効果のあるハーブティーです。

ジャスミンやローズマリーには交感神経の働きを鎮静化させる効果があるので、多汗症の人にぴったりの飲料と言えるでしょう。